書籍・論文

トップ > 書籍・論文

自助グループ・ピアサポートに関連した書籍・論文などを紹介しています。

参考書籍

  • セルフヘルプグループ―わかちあい・ひとりだち・ときはなち 岡 知史 (著)
  • 依存症、身体障害、精神障害、ひとり親家庭、セクシャルマイノリティなど、 あらゆる当事者が集まって話すこと、聞くことの普遍的な意義が、わかりやすい言葉で丁寧に書かれています。 自助グループって何?という方にお勧めしたい一冊です。1999年発行と少々古い本ですが、図書館で借りることができるかもしれません。

  • セルフヘルプ・グループとサポート・グループ実施ガイド 高松 里 (著)
  • セルフヘルプグループ(自助グループ)の始め方・続け方から終わり方までをわかり易く丁寧に解説した本です。 これから自助グループを立ち上げたい人はもちろん、既に自助グループを運営している人にも良い一冊です。

  • 魂の家族を求めて―私のセルフヘルプ・グループ論 斎藤 学 (著)
  • 依存症やアダルトチルドレンの問題に詳しい精神科医である斎藤学さんの著書です。 言いっぱなし聞きっぱなしを行う自助グループの発展に大きな影響を与えた、 アメリカのAA(アルコホーリクス・アノニマス)というアルコール依存症の自助グループの成り立ちを紹介しています。 また、AAの影響を受けた日本のDVや摂食障害の自助グループ活動なども紹介しています。

  • 場づくりの教科書 長田 英史 (著)
  • 自助グループについて書いた本ではありませんが、自助グループ、患者会などの場を作っている人、作ろうとしている人の参考になる本です。 運営する人と参加する人の行動や言動、思いと心の揺れ、それによる場と人の変化を丁寧に書いてあります。

  • ピア・サポートの社会学―ALS、認知症介護、依存症、自死遺児、犯罪被害者の物語を聴く 伊藤 智樹 (著)
  • 様々なセルフヘルプグループで当事者が集まって自分の体験を物語として話し、他人の経験を物語として聞く。 その結果、グループ全体がどのような性質を持ち、その中で参加者はどんな道を歩んで行くのか? 社会学の視点から論じたやや研究者寄りの本かもしれません。 しかし当事者の集まりで体験を話し、聞くことの有効性を考えるヒントになる一冊です。

論文など

上智大学 総合人間科学部 社会福祉学科の教授である岡知史さんの論文などです。 非常に多くの文献を公開しています。 閲覧の際にパスワードが必要な文献については、岡知史さんのホームページから直接メールでお問い合わせください。