助成金情報

トップ > 助成金情報

自助グループ等に関連した助成金情報一覧は以下の通りです。

名称と概要 対象地域 応募期限
ファイザープログラム 心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援
応募期間:2017年6月5日(月)~ 6月16日(金)【当日必着】

助成の対象となるプロジェクトは、『中堅世代の人々(主に 30・40・50 歳代)の心とからだのヘルスケアに関する課題に取り組む市民活動および市民研究』とします。

具体的には、子育て・仕事・家族介護など社会において様々な役割を担っている中堅世代の人々や、疾病・障がい・貧困・差別などにより社会参加に困難を抱える中堅世代の人々が、生き生きと充実した社会生活を実現するための取り組みで、以下の点を重視します。

(1) 「当事者性」「専門性」「市民性」を尊重した取り組み
(2) 既存の公的制度や施策では実現することが難しい取り組み
(3) 就労を始めとする社会参加を目指した取り組み [個別表示]
指定なし 2017-06-16
社会福祉法人 丸紅基金 2017年度(第43回)社会福祉助成金
当基金の助成は、わが国における社会福祉事業(福祉施設の運営、福祉活動など)を行う民間の団体が企画する事業案件で、次の条件を具備するものを対象とします。

1. 申込者(実施主体)は、原則として非営利の法人であること(ただし、法人でない場合でも、3年以上の継続的な活動実績があり、組織的な活動を行っている団体は対象とする)
2. 明確な目的を持ち、実施主体、内容、期間が明らかであること
3. 助成決定から1年以内に実施が完了する予定のものであること(2017年11月から2018年10月末の1年間で、申込案件が実施・完了される事業が対象)
4. 一般的な経費不足の補填でないこと
5. 申込案件に、国や地方公共団体の公的補助が見込めないこと、また他の民間機関からの助成と重複しないこと [個別表示]
指定なし 2017-05-31
公益財団法人みずほ福祉助成財団 平成29年度 社会福祉助成金
以下の要件に該当する先が対象となります。

⑴事業助成
日本国内に於いて3年以上の継続した活動実績がある非営利法人(社会福祉法人、特定非営利活動法人等)、任意団体、ボランティアグループ等。

⑵研究助成
上記⑴の先及び日本国内の研究グループ(但し、構成員が 5 人以上であること)

⑶対象外となる先(事業助成、研究助成共通)
・株式会社等の営利法人 ・個人
・過去3年間(平成26年度~28年度)に当財団から助成を受けた先(注意:施設単位ではなく、法人・団体単位) [個別表示]
指定なし 2017-06-30
一般財団法人 松翁会 平成29年度社会福祉助成金
助成対象案件並びに選考基準
①障がい者の福祉向上案件、および難病案件、虐待防止案件を対象とする。
②明確な企画(目的、内容、資金使途等)に基づく事業で具体的な計画を持つこと。
③推進体制が確立しており、自己資金の調達の努力をしていること。
④先駆的、開拓的事業を優先する。
⑤助成対象にならないもの
過去3年間に松翁会から助成を受けた法人・団体からの申請
研究助成
法人・団体の管理運営維持に関する経費(日常業務にかかる人件費、家賃などの経常資金、定例化したセミナーなどの開催費用等) [個別表示]
指定なし 2017-07-31