自助グループニュース

トップ > 自助グループニュース

自助グループ・ピアサポート関連のニュースとTwitterの検索結果を紹介しています。ニュースは毎週日曜更新です。

ニュース記事

カジノ対策 依存症の実態把握が先だ 論説 福井のニュース |福井新聞 ... - 福井新聞 (2017-04-22 )
【論説】カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)の導入に向け政府の推進本部が今月始動した。カジノ整備で多くの国民が危惧するギャンブル依存症の対策強化では、
坂口杏里のホスト依存は「重症」立ち直れるか? - スポーツ報知 (2017-04-22 )
依存度については「逮捕されるレベルは重症」と説明。「周囲にいい大人がいる感じがしない。むしり取られている」と現状を危惧した。 脱却方法については「カウンセリングを受け、メンタルのケアが必要。生きづらさを抱えた女性の自助グループは結構あるので、参加するのがいい。
「チーム医療」があるなら、がん患者は「チーム患者」を作ろう - ハフィントンポスト (2017-04-20 )
ひとつは「患者会」。がん患者のみなさんが、同じがんの友人を作るために利用する場合が多いと思います。同じ病気の仲間がいることは大きな励みになりますが、もちろん色んなタイプの人がいます。自分のことで精一杯な方も多く、全員と信頼し合える関係になれるとは限らないと ...
「夫に発達障害の疑い」 言動に悩む妻、各地に自助会も:朝日新聞デジタル - 朝日新聞 (2017-04-20 )
夫に発達障害の疑いがあるとわかったことで、暴力や暴言の原因に納得が行き、救われた。そんな妻が、自分を大切に生きたいと決意を記したひととき「夫の言動 自分を責め ...
備える支える(4)発達障害者の苦境|佐賀新聞LiVE - 佐賀新聞 (2017-04-19 )
佐賀新聞社が配信する県内の行政・社会、事件・事故、経済・農業、スポーツ、街の話題に関するニュースです。
「回復へ適切な支援頼って」 岡谷 ギャンブル依存症の講座 - 信濃毎日新聞 - 信濃毎日新聞 (2017-04-17 )
ギャンブル依存症の人の家族らでつくる「ギャンブル依存症問題を考える会」(東京)は16日、問題の解決策を探る講座を岡谷市で開いた。県内の有志でつくる同会県支部が ...
ギャンブル等依存症対策で閣僚会議 ソーシャルワーカー養成にも影響 ... - 福祉新聞WEB (2017-04-14 )
政府のギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議(菅義偉・内閣官房長官主宰)は3月31日、依存症対策の論点を公表した。厚生労働省関係の論点を多数盛り込んだ。
AYA世代 若いがん患者を支えよう - 公明新聞 (2017-04-13 )
こうした中、多和田さんは、自身の経験を生かそうと、2014年10月に若年がん患者会「ローズマリー」を設立した。AYA世代のがん経験者がお互いの苦労を知り、共に将来を考えていく場として、定期的に交流会を開催している。これまでの参加者は延べ約110人に上る。
ともしび ピアサポート開始 - 佐賀新聞 (2017-04-12 )
本年度からは、これまでの活動に加えて支援活動「ピアサポート活動」に取り組む。 ピアは「仲間」の意味。双子・三つ子の妊娠、出産、育児は大変リスクが高く、外出も困難で孤独になりやすい。子育ては本当に大変で、慢性の寝不足も重なり、心身ともに疲れ果て追い詰められて ...
がん患者に伝えたい、「人に頼る」ことの大切さ - ハフィントンポスト (2017-04-11 )
患者会やイベントなどに参加してみるのもいいですが、気軽にすぐ始められるのが、「Twitterで同じ病気の人のアカウントをフォローする」ことです。 Twitterは、お互いの顔や素性を知らせなくていいので気楽に始められます。相互フォローしてメッセージをやりとりするようになれば、 ...
子育てしながらがん闘病 患者会で支え合いの輪 交流の催し各地で - 東京新聞 (2017-04-04 )
子育て中のがん患者の交流団体「キャンサーペアレンツ」の活動が広がっている。昨年四月に設立され、会員は三十、四十代を中心に七百人を超えた。三月下旬には、東京、大阪に続いて名古屋で初めて交流会を開催。東海地方を中心にがん患者と家族三十人が集まり、共通の ...
男のがん、女のがん - asahi.com (2017-04-03 )
最近は病院内に患者サロンがあったり、休日や夜、病院の外で患者サロンを開催していたりする患者会もあります。「話し相手・ピアサポート」は男女とも上位項目ですから、がん相談支援センターなどは、院内、院外の様々なリソース(資源)をもっと周知する必要があるのではない ...
がんと就労 相談することの大切さ - asahi.com (2017-04-03 )
同じ経験をした人同士の支え合いを「ピアサポート」と言いますが、その役割に業務経験を加えた支援を展開しています。所用時間は今のところ50分。相談者1人に、相談員2人が対応しています。 16年、その相談支援の効果を調べるため、利用者にアンケートを実施しました。
双極性障害が正しく理解される社会へ【上】 - kenko 100 (2017-04-03 )
妻が双極性障害だという辻さんは、患者会でどのようなことが話し合われているかについて触れた。「わが子が病気を患ったのは、自分の育て方が悪かったせいではないか」と悩んでしまう親は多いという。また、双極性障害のために患者本人が怒りっぽくなったり、死にたいなどと ...
ギャンブル依存対策でATMの出金規制 - 朝日新聞 (2017-04-01 )
患者を支援するため、全都道府県と政令指定市に依存症の治療・相談拠点を整備することや、自助グループなどへの支援拡充も提唱。依存症を防ぐため、高校の保健体育の授業で実態を学ぶことも検討する。 昨年12月に成立したカジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府 ...
薬物依存者更生の新制度学ぶ 長野で研修会 - 中日新聞 (2017-03-31 )
薬物事件の再犯者らの服役期間を短くし、社会に出て保護観察下で立ち直りを目指す制度が昨年六月に導入され、県内で初めてとなる制度の適用者が今夏にも出所する見通しだ。薬物依存からの脱却を支援する制度が新たな局面を迎えるのを前に、薬物依存や制度への理解を ...
耳下腺・腺様嚢胞がん体験者 浜田 勲さん - がん情報サイト「オンコロ」 (ブログ) (2017-03-31 )
ボクは「頭頸部がん患者と家族の会Nicotto<ニコット>」という関東を中心とした頭頸部がんの患者会に加入しスタッフの一員としてサポートをしています。昨年(2016年)7月に発足した新しい患者会ですが現在約30名の方が所属しています。この会を通じてたくさんの仲間と出会う ...
母になりたかったけど… 私の幸せのカタチ - 東京新聞 (2017-03-31 )
子どもを授からなかった人たちの相談先には、▽不妊体験者支援のNPO法人「Fine(ファイン)」▽子どもを亡くした人を支援する「お空の天使パパ&ママの会(WAIS)」▽「流産・死産経験者で作るポコズママの会」▽赤ちゃんの遺族が運営する自助グループ「SIDS家族の会」など ...
患者会の役割 勇気と元気、分かち合う 新センターに継承「1・3・5の会」 - 毎日新聞 (2017-03-30 )
大阪府立成人病センターで患者会「1・3・5の会」を設立し、大阪がん患者団体協議会の世話人代表も務める三木祥男さん(78)に、患者会の役割と必要性について語ってもらった。 私は21年前に舌がんを発症し、その6年半後に再発。舌の3分の2を切除してしまい、今も発音 ...
アルコール依存を脱したOL、仲間とは「チェーン居酒屋よりもちょっといいランチ」 - AbemaTIM (2017-03-30 )
子どもたちのためにって思えた」と話し、「同じようにアルコール依存症を治そうと頑張っている人たちの自助グループに入った。お酒を我慢したら、またこの人たちと会って話せると思って頑張った」と説明した。自助グループの仲間とは、過去の話や貯金額でさえ、さらけ出して ...

Twitter検索