自助グループニュース

トップ > 自助グループニュース

自助グループ・ピアサポート関連のニュースとTwitterの検索結果を紹介しています。ニュースは毎週日曜更新です。

ニュース記事

「レット症候群」 患者団体が街頭募金| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー - 読売テレビ NE (2017-12-09 )
女の子だけに発症する進行性の神経疾患「レット症候群」の研究者を支援しようと患者団体が街頭で募金を呼びかけた。日本には20歳以下で3千人ほどの患者がいるとみられているが、社会的な認知は遅れているため患者団体自らが研究のための基金を設けている。
アダルトチルドレン自助グループ「ほっとはーと」 - 愛媛新聞 (2017-12-09 )
当事者が過去や悩みを話し合い、つらさからの回復を目指す松山市の自助グループ「ほっとはーと」が11月で設立から10年を迎えた。仲間と思いを共有し、理解し合える場として定着している。 ACは、親のアルコール依存症や虐待などで受けた心の傷により不安感や孤独感が強く、自己肯定感が低かったり、周囲を過度 ...
専門医が関与の会も - 日本経済新聞 (2017-12-07 )
医学的知識も得られる患者会の“効能”は医療関係者も認めるところだ。公益財団法人難病医学研究財団(東京・千代田)の「難病情報センター」サイトでは患者会の検索が可能。最近は専門医と情報を共有する患者会も増えており、主治医に確認する方法もある。 MDS連絡会の顧問も務めるNTT東日本関東病院(東京 ...
道難病連旭川支部に遺言で数千万円 匿名寄付生かし新事務所:どうしん ... - 北海道新聞 (2017-12-06 )
難病の患者らでつくる北海道難病連旭川支部は、匿名の人からの寄付「数千万円」(同支部)の一部を活用して11月に事務所を移転し、相談に訪れる人たちの利便性を高めた。寄付者は、工藤フサ支部長(77)が旭川...
憩いのカフェ 病抱えた「マスター」もてなす 気軽に対話、交流も NPO企画 /東京 - 毎日新聞 (2017-12-06 )
自身も血友病やHIV(エイズウイルス)などの難病を抱えているが、協会の活動に取り組むうちに「患者がもっと気軽に対話できる場がほしい」と考えるようになり「患者会などに所属していない若い人も参加できるような場所を作ろう」と企画した。 「やむやむカフェ」の「マスター」として来場者をもてなすのも武田さんだ。これまでに ...
がん患者交流 活動紹介…金沢 - 読売新聞 (2017-12-05 )
利用者が正直な気持ちを話せるよう、五感に働きかける環境作りをしている」と話した。「ともいき京都」では、思春期や若者などを指す「AYA世代」の利用者も多いといい、近藤めぐみさんは「がん体験者の生き抜く力を育めるよう、対話を大切にしている」と語った。 元ちゃんハウスは「がんとむきあう会」が昨年12月1日に開設し、今 ...
生命力あふれる乳がん体験者 NPO法人エンパワリング ブレストキャンサー『E-BeC』 理事長 真水 (2017-12-05 )
第1回目は、私の実家があって患者会の知り合いもいる札幌で行いました。自費で行い、私と再建経験者3人くらいで講演を行ったんです。寄付をつのったら交通費をまかなえるくらいになったので、「なるほど、こういう方法もあるのか」と思い、次には助成金をもらって沖縄で開催しました。ここではCNJのBEC(乳がん体験者コ ...
「当事者が語るひきこもりの気持ち:林恭子さん」 - nippon.com (2017-12-05 )
ひきこもりから脱した2人にその経験を語ってもらい、2回に分けてリポートする。1回目は「ひきこもりUX会議」などの中心メンバーで自助会運営や啓発のためのイベントを開催している林恭子さん。2回目は「ヒューマン・スタジオ」を設立し、相談業務や家族会を行っている丸山康彦さん。執筆は、自らもひきこもり状態を経験し、現在は仕 ...
肺がんの知識学び納得の治療を 岡山で患者会などが市民公開講座 ... - 山陽新聞 (2017-12-04 )
肺がんの知識学び納得の治療を 岡山で患者会などが市民公開講座。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。
玉野高で「がん教育」 体験者講演 支え合い生きる社会の大切さ訴え ... - 山陽新聞 (2017-12-02 )
玉野高で「がん教育」 体験者講演 支え合い生きる社会の大切さ訴え。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。
「カムアウトをもう一度」HIV陽性者・ゲイの人生を語る - ハフィントンポスト (2017-12-01 )
感染運動団体とピアサポートグループで活動する20代の陽性者の活動家。活動してきたゲイの人権団体に陽性者であることをカムアウトして、組織内のピアサポートグループを作って活動する人も、パネリストとして参加した。 自己紹介と、それぞれが経験してきた陽性者としてのゲイライフを語り始めた。陽性者であることをカム ...
病気を受容すること 「誰かのため」つなぐ命 - 上毛新聞ニュース (2017-11-28 )
... につながれていく」―。まさに「命のリレー」なのではないかなと思いました。そのリレーの一走者になれたことを自分の身をもって自覚したときに、病気を受け入れるための「受容」への心の準備が始められたのだと私は感じました。 人は、「自分だけのために」と思うと弱い生き物です。しかし、「誰かのために」と思える ...
息子のひき逃げ事件が来年時効 平野るり子さん /佐賀 - 毎日新聞 (2017-11-26 )
17日には隆史さんの友達が連絡をくれる。写真を見ると結婚したり子供ができたことが分かる。「親として複雑な気持になるんですね。友達は幸せになっているのに、なんでうちの子供はそういう人生がなかったんやろうって」. 夕食は富夫さんや同居する次男(37)ら家族で、隆史さんが好きだったもつ鍋とタイの塩焼きを囲んだ ...
RareAs.(レアズ)β版をオープンしました - がん情報サイト「オンコロ」 (2017-11-22 )
さらに、希少疾患患者会運営の手助けになるプラットフォームを開発しております。 現在、希少疾患患者会には以下の問題点があります。 日本の希少疾患患者会の問題点○個人自宅を事務所としている団体が37.8% ○平均職員数は3.73名だが、0~2名程度の団体が最も ...
医療用保湿剤「保険外さないで」 乳がん患者会が国に要望 - SankeiBiz ... - Sank (2017-11-20 )
美容など不適切な使用が広まり、処方に制限を設けることが議論されている「ヒルドイド」などの医療用保湿剤について、乳がんの患者団体が20日、従来通りの使用ができるよ…
西播磨初のがん患者会 26日、太子町で開催 - 神戸新聞 (2017-11-20 )
西播磨地域にがん患者同士が経験や思いを語り合う場を設けようと、患者会「はまなすの会」が今月、発足した。初の例会として、患者同士が語り合うサロンと医師らによる講演会が26日、兵庫県太子町立岡の立岡公民館で開かれる。 呼び掛けたのは、血液のがん・急性骨髄性 ...
内田麻理香・評 『共依存の倫理-必要とされることを渇望する人びと』=小西真理子・著 - 毎日新聞 (2017-11-19 )
また、共依存のような嗜癖(しへき)からの回復の手法には、同様の問題に直面している人々が集まり、相互に援助を行う自助グループの存在がある。その多くの回復プログラムはギデンズの再帰的な心理セラピーのあり方にならっている。その再帰的なプログラムは、過去の自己 ...
生活困窮者は誰のために「自立」するのか - Yahoo!ニュース 個人 (2017-11-17 )
しかし、それもいろいろ批判があってピアサポート(当事者同士の支えあい)という側面もありつつも、ちょっと意地悪な言い方をすると当事者と支援者という明確な「壁」があるなかで支援側に「移った(あがった)」だけである、という見方もできます。 「共同炊事」のように、最初から ...
がん闘病経験に苦難乗り越えるヒントが…健康な人も生き方学ぶイベント - 読売新聞 (2017-11-16 )
イベントは、病気に伴う仕事やお金などの相談活動を行っている一般社団法人 CAN ( キャン ) net ( ネット ) が企画した。7歳で白血病になった会社員宮城順さん(36)、次男が2歳の時に白血病になった太田朱美さん(54)(いずれも都内在住)が自らの経験などを講演した後、座談会で意見を交わす。 宮城さん ...
患者会、18日に東京で交流会 - 毎日新聞 (2017-11-15 )
悪魔払い」されてきた難病「抗NMDA受容体脳炎」の患者会が18日、患者や家族らの貴重な情報交換の場である交流会を東京・広尾で開催する。6月の患者会結成以来となる今回、この病気の女性患者が発症から8年後に病を克服し、回復を待ち続けてくれた婚約者と結婚した ...

Twitter検索