自助グループニュース

トップ > 自助グループニュース

自助グループ・ピアサポート関連のニュースとTwitterの検索結果を紹介しています。ニュースは毎週日曜更新です。

ニュース記事

見た目の悩み、独りじゃない NPOの交流会で悩み共有 - 朝日新聞 (2018-08-10 )
MFMSの外川(とがわ)浩子代表は「特に地方では患者会さえなく、相談先がない。症状は様々だが、悩みには共通点が多く、対処法を含め情報交換する意味は大きい」と話す。 交流会に背中を押され、一歩前に踏み出した女性もいる。千葉県在住の大学4年生の彩さん(21)は ...
サマータイムは「大量の人を殺しうる」 ゴリ押しに患者団体、「命守るため」反対署名 - ニフティニュー (2018-08-09 )
声をあげているのは、睡眠リズム障害の患者らでつくるNPO法人「睡眠リズム障害患者会『R&S』」。サマータイム導入で、心筋梗塞をはじめとする致死的な健康被害のリスクが高まると指摘。「誤った政策は簡単に大量の人を殺しうる」などとして、導入中止を求める署名を始めた。
子どものころ受けた虐待の傷、語ろう 佐賀で「つどい」 - 朝日新聞 (2018-08-08 )
... 「おねがい ゆるして」――。東京都目黒区の5歳の女児が両親から虐待を受けて亡くなった事件は、社会に衝撃を与えた。子どものころに受けた虐待になお苦しむ大人たちが語り合う集まりが月1度、佐賀市で開かれている。主催する龍文恵さん(仮名・40代女性)は「同じ体験を ...
依存症 幅広く支援 自助グループ NAマリアグループ - 日本海新聞 (2018-08-08 )
アルコールや薬物、ギャンブルなど依存症の分野を特定することなく、回復を求める人たちを幅広く受け入れる自助グループが鳥取市にある。匿名での参加を基本とし、互いの体験や思いを告白するミーティングを重ねるなど. NAマリアグループのミーティングに集まった参加者。
「グリーンルーペプロジェクト」がんサバイバー発の一般へのがん啓発アクション - がん情報サイト「オン (2018-08-06 )
このイベントは、がんの患者会である認定NPO法人希望の会、NPO法人 肺がん患者会ワンステップ、一般社団法人キャンサーペアレンツの3団体が、一般の方々に向け発信する、がん啓発プロジェクトの第1弾キックオフイベントとして開催されます。 がんになったときに、患者さん ...
「どこにも私の居場所はなかった」 彼女が自分を傷つけずにはいられなかったわけ - BuzzFeed (2018-08-02 )
同じ病を持つ仲間とつながり、過去のやり方とは違う対人関係のスキルを学んでいくことで立ち直ることができます」と当事者会の意義を話す。 ひろこさんは、出会う男性を理想化して精神的にもたれかかっては、欠点が見つかると逆上し、試し、拒絶してはすがることを繰り返した。
依存症を支える(5)ゲーム漬け克服呼びかけ - 読売新聞 (2018-08-01 )
会合の冒頭、支援者らも含め参加者が決意の言葉を唱えるのは、依存症の自助グループでよく見られる光景だ。少し違うのは、この場にいた当事者がD男さん一人だったということだ。 この会は、オンラインゲームを始めとするコンピューターゲームをやめたい人が体験を語り、支え ...
公害、過去の話じゃない 未認定患者 - 毎日新聞 (2018-07-31 )
大阪西淀川公害患者会」と書かれた白いたすきをかけ、「今の青空は当たり前にあるのではない。このたすきを、あなたたちに手渡さないといけない」と児童らに呼びかける。 20年の月日が流れても、病が癒えることはない。「今も多くの患者が苦しんでいる。国は、救われていない ...
釈徹宗氏「立派でない人が基本的に笑う温かさが落語の魅力」 - ニフティニュース (2018-07-30 )
貂々:今の先生のお話を伺って思ったんですが、私は今、北海道で当事者研究の会というのを取材しているんです。それは、私のように生きにくさを抱えていたり、家族との人間関係に悩んでいたり、精神疾患を抱えた人たちが集まって、さまざまな苦労や葛藤を語り、仲間や支援者 ...
日韓共同で薬物依存の治療法を探る - ニコニコニュース (2018-07-30 )
他にも薬物依存を経験した人たちが集まって体験を語り合いながらお互いを支えていく自助グループの活動もある。こうした方法が功を奏している人もいるが、完全ではなく、半数以上が再び罪をおかす。 医学的、薬学的な治療法の確立が待たれるが、可能性を探る研究は地道に ...
仙台の自死遺族グループ「藍の会」設立12年 「同じ苦しみ」終止符を いじめ死に心情 - 産経ニュース (2018-07-28 )
自死遺族が悲しみや思いを分かち合い、支え合う仙台市内を拠点とする自助(セルフヘルプ)グループ「藍の会」が今月下旬、設立12周年を迎えた。同市内で記念の講演が行われ、平成28年2月に市立中学校に通っていた息子を自死で亡くした遺族が、学校や行政のいじめ対策 ...
依存症を支える(2)断酒の会 仲間温かく - 読売新聞 (2018-07-27 )
私たちは酒に対して無力です」. 「過去の過ちを素直に認めます」. 夕暮れ時の川崎市宮前区役所の一室に、男女の声がこだまする。アルコール依存症からの回復を目指す自助グループ「川崎断酒新生会」。参加者が断酒の誓いを読み上げることから、例会は始まる。 この場所で ...
交通事故の遺族 命の大切さ訴え 潮来二中で講演会 - 47NEWS (2018-07-27 )
潮来市新宮の潮来第二中(大崎一寿校長、生徒161人)で、交通事故遺族による「いのちの講演会」が開かれた。被害者支援都民センター・自助グループの佐藤清志さん(54)が全校生徒を前に自らの体験を講演し、「 ... 記事全文を読む ❯ ...
情報開示と患者支援強化を がん経験の学者が提言 - 産経ニュース (2018-07-26 )
日本のがん診療連携拠点病院の相談支援センターは患者が来るのを待っているが、ナビゲーターは自分から出向いて支援を始める。日本でもこうした仕組みが欲しい」。経験や思いを昨年、著書「日米がん格差」(講談社)にまとめた。日本の患者会で講演する機会も増えている。
【ゆうゆうLife】情報開示と患者支援強化を がん経験の学者が提言 - SankeiBiz (2018-07-26 )
日本のがん診療連携拠点病院の相談支援センターは患者が来るのを待っているが、ナビゲーターは自分から出向いて支援を始める。日本でもこうした仕組みが欲しい」。経験や思いを昨年、著書「日米がん格差」(講談社)にまとめた。日本の患者会で講演する機会も増えている。
デミ・ロヴァートが病院に搬送、原因はヘロインの過剰摂取か - ニコニコニュース (2018-07-25 )
今年3月に米ビルボード誌の巻頭インタビューで彼女は、2016年の【メット・ガラ】を切り上げ、アルコール依存症の更正を目的とする自助グループのAA(アルコホーリクス・アノニマス)のミーティングへ向かったことを明かしていた。理由は、“居心地が悪い”環境だったことで、再びお ...
静岡でがん患者の富士登山10年 記念品作製へ資金募る - 朝日新聞 (2018-07-24 )
静岡県がん患者会「一歩一歩の会」の富士登山が今年10年を迎え、記念のマフラータオル作製のため、インターネット上で資金を募るクラウド・ファンディングに取り組んでいる。 がん征圧目指す専門医でサバイバーで遺族 全国行脚達成. 「がん=リタイアではない」をモットーに、 ...
酒飲みが多い沖縄 適正飲酒に向け沖縄県が5年計画 - 琉球新報 (2018-07-24 )
飲酒のリスクに関する知識を普及し、アルコール依存症などの疾患を予防しようと、県はこのほど「県アルコール健康障害対策推進計画」を初めて策定した。期間は2018~22年度の5年間。計画では県や市町村、医療機関などそれぞれの機関が取り組む内容を記し、連携の ...
「怖さ知らない」=消える金、スロットで指変色-ギャンブル依存に懸念 ... - 時事通信 (2018-07-20 )
カジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法が成立した。ギャンブル依存症患者の家族や支援団体からは「回復困難な病気」とカジノ解禁に伴う依存症患者の増加などを ...
大人の発達障害理解を 静岡・葵区でパネル展 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (2018-07-20 )
発達障害がある大人の当事者による自助グループ「プリズムステーション(PS)」が27日まで、静岡市葵区の市女性会館アイセル21でパネル展を行っている。 ... 展示では発達障害の分類や障害について書かれた本、月に1度、同館で開いている当事者会などを紹介している。

Twitter検索