自助グループニュース

トップ > 自助グループニュース

自助グループ・ピアサポート関連のニュースとTwitterの検索結果を紹介しています。ニュースは毎週日曜更新です。

ニュース記事

Facebook、新ミッション遂行に向けてグループ管理者向けツールを多数 ... - ITmedia (2017-06-23 )
Facebookが「人々にコミュニティ構築の力を提供」するという新ミッションのスタートに伴い、Facebookグループの管理者向けのグループ運営ツールを追加した。
筋ジスの一種、難病を学ぶ 神戸で来月2日 /兵庫 - 毎日新聞 (2017-06-22 )
NPO法人「筋強直性ジストロフィー患者会」(東京都杉並区)が主催。会によると、この難病は筋ジストロフィーの一種で、心臓や呼吸器系の障害も併発するのが特徴。1万人に1人が発症するとされるが、症状の個人差が大きく認知度も低いため、病気に気付かない患者も多い ...
働き続けたい 両立の壁(下)がん 急がれる患者実態把握 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (2017-06-22 )
乳がん患者会「あけぼの静岡」の星野希代絵代表は「働く自信を失った女性患者は、心を閉ざして孤立しがち」と指摘し、「女性患者の離職予防にどんな支援が効果的か探るため、県は病院や職場などと連携し、女性患者の就労上の悩みを早急に検証してほしい」と期待する。
摂食障害 100人100色の『回復』 / 鈴木眞理×信田さよ子×鶴田桃エ×荻上チキ、NHKハートフォ (2017-06-21 )
こうした状況を鑑み、本日は内科医、臨床心理士、自助グループの方々をお迎えし、専門的な知識に基く意見交換の場を用意しました。根拠に基づいた議論を通じ、摂食障害への正確な理解、そして具体的な問題解決策について考える機会にしたいと思っています。 まずは、摂食 ...
絆を求めて~6.25初の患者交流会(2)時間かかっても回復できること信じ - 毎日新聞 (2017-06-20 )
大変な状態にある今こそ力になってあげたい」。安井さんも「難病センターの一員として、患者会の発足など全面的に協力したい」と語り、都の協力を得て会場確保などの準備に当たってきた。 片岡さんたちは自身の経験から、患者会や交流会が存在することのメリットを強調する。
ギャンブル依存症理解を深める研修 支援者らが議論 - 大分合同新聞 (2017-06-19 )
大分市玉沢の県こころとからだの相談支援センターは16日、ギャンブル依存症の支援者研修会をセンターで開いた。医療機関や福祉施設、自治体の職員ら39人が参加。症状や対応について理解を深めた。 症状や回復過程、自助グループの役割などを学ぶ講義があり、事例 ...
難病の受容支えよう 難病患者会「高知ピアの会」が設立講演会 - 高知新聞 (2017-06-16 )
疾患の種類を限定しない難病患者会「高知ピアの会」の設立記念講演会がこのほど、高知市九反田の高知市文化プラザ「かるぽーと」で開かれた。患者や家族が支え合うピアサポートを例に、「同じ仲間として話を聞き、その人なりの病気の受容や療養生活を支えよう」と呼び掛け ...
18日に患者会設立 津で総会 /三重 - 毎日新聞 (2017-06-15 )
患者会は病気や薬、日常生活、就労などについて意見交換し、励まし合うのが狙い。谷さんらは「病気や仕事の悩みを話し合える仲間がほしい。周囲に理解を求めていくことも必要だ」と話している。 設立総会は午後1時半からで、三重大付属病院の矢野裕教授が、同疾患の薬物 ...
発達障害ある人が悩みや思いを共有 - 大分合同新聞 (2017-06-15 )
参加者は、周囲との人間関係の悩みや病院の選び方などを互いにアドバイスしていた。江藤代表理事は「回数を重ねるにつれて、ピアサポートができるようになってきている」話す。 次回は8月6日に開催予定。参加無料。問い合わせは江藤代表理事(TEL090・7531・3926)へ。
「私が愛し愛されたいのは私自身だった」摂食障害やDV、依存症からの回復 - ハフィントンポスト (2017-06-14 )
他にも摂食障害の自助グループは色々あったので出かけてみたものの、雰囲気が自分とは合わないかなと感じたり、長く通っている人が我が物顔をしていたり、摂食障害の内容でヒエラルキーをつけられるようなところもあったりしたので(たまたまその時がそうだっただけかもしれ ...
くらしナビ・ライフスタイル - 毎日新聞 (2017-06-11 )
がん患者会シャローム」(埼玉県)代表の植村めぐみさんは、主治医との関係に悩むたくさんの患者の声を聞いてきた。「質問をしたくてもいつも機嫌が悪い、いざ質問をしても『どうせ分からないでしょ』といった態度に出られるなど、不安な気持ちを医師に受け止めてもらえないと感じ ...
ガンになっても「キレイになりたい」を我慢しなくていい世の中に - ウートピ (2017-06-10 )
水田:手術後にいろいろながんの患者会に顔を出したんですが、しっくりくる場がなかったんです。がんのことはまわりの人にも話していたので「ここでしか言えないがんの悩みを分かち合おう」というのは自分のニーズとちょっと違うなと思っていましたし、同世代の人が少なかった ...
発達障害情報発信雑誌「きらり。」創刊 - 産経ニュース (2017-06-09 )
創刊号の主な内容は、全国で活躍する人を紹介する「きらり人」▽発達障害の子供を育てる母親がさまざまなエピソードを語る対談▽発達障害者でつくる当事者会・団体の情報-など。 出版は、インターネットで小口資金を募るクラウドファンディングで目標額の100万円を超え、4 ...
【STOP!受動喫煙】肺がん患者へのアンケートとメッセージ公開! - がん情報サイト「オンコロ」 ( (2017-06-08 )
日本肺がん患者連絡会、患者会サミットが呼びかけた「受動喫煙のアンケート」を紹介します。 子供たちに受動喫煙のない未来を作ろう!罰則付き受動喫煙防止法案成立をトコトン応援します! 肺がん患者に緊急アンケート&メッセージ募集。4日間で215名から返答。 ※方法: ...
パチンコ業界に変革の波、カジノ法成立がもたらす光と影 - ブルームバーグ (2017-06-08 )
東京都心から電車で約50分の郊外にある東村山市の駅前パチンコ店。時代劇の主題歌やアニメキャラクターの声が鳴り響く中、白髪交じりの女性が突然、怒りにまかせて台をたたき始めた。周囲は気に留める様子もない。数分すると女性は立ち上がり、男性従業員と談笑して店を ...
性犯罪の厳罰化 「今国会で成立を」署名3万筆と要望書 - 東京新聞 (2017-06-08 )
性暴力被害者の自助グループなど四団体でつくる「刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト」は七日、衆院議員会館で金田勝年法相に対し、性犯罪を厳罰化する刑法改正を求める三万五十筆の署名と、刑法改正案の今国会成立を強く求める要望書を提出した。 四団体は ...
<11>バレーボール 選手同士 ピアサポート - 愛媛新聞 (2017-06-03 )
愛媛は14年の長崎大会で全国大会出場を果たした実績もある。しかし、創設当時から関わる県精神障害者福祉会連合会の安永まどか事務局長(56)は「強いチームの前に、いいチームをつくりたい」と語る。競技は選手同士のピアサポートの場になる可能性も秘めているからだ。
がんサバイバー・クラブがスタート 日本対がん協会 - 朝日新聞 (2017-06-01 )
公式サイトでは、がん関連注目ニュースや、がんサバイバーでもある垣添忠生・日本対がん協会会長とほかのサバイバーとの対談、患者会関連の情報などを発信。がんの相談窓口や治験・臨床試験情報へのリンク先紹介など、信頼できる情報にたどりつきやすい場の提供を ...
答えの出ない事態に耐える力 - 朝日新聞 (2017-06-01 )
ギャンブル依存症は、患者自身が自助グループに参加するなどして、時間をかけて自分との折り合いをつけることが必要なのだという。「医師に求められるのはすぐには治せないことを受け入れて、患者が歩む長い道のりに連れ添うこと。ただちに解決できない状況につき合えるの ...
来月3日・豊中で /大阪 - 毎日新聞 (2017-05-31 )
登下校時の子供の安全を話し合う「第19回通学路の安全を考えるシンポジウム」(豊中市教職員組合、市PTA連合協議会、毎日新聞社主催)が6月3日、豊中市野田町の市立野田小学校体育館で開かれる。交通事故の遺族らでつくる自助グループ「TAV交通死被害者の会」( ...

Twitter検索