自助グループニュース

トップ > 自助グループニュース

自助グループ・ピアサポート関連のニュースを紹介しています。ニュースは毎週日曜更新です。

ニュース記事

不妊の悩み、あなただけじゃない 普通に話せる社会を:朝日新聞デジタル - 朝日新聞 (2019-02-16 )
NPO法人「Fine」理事長 松本亜樹子さん(54) 「お子さんは?」。天気のような何げない話。ざわつく心にふたをして、平静を装う。心の中では「簡単に言わないで」と叫んで ...
独りで悩まないで 若いがん患者への支援広がる - 日本経済新聞 (2019-02-15 )
「AYA世代」と呼ばれる10~30代の若いがん患者への支援が広がり始めた。近年は各地で患者会が発足し、専門の治療体制を持つ病院も増えつつある。就職や結婚 ...
河北抄|2月15日 - 河北新報 (2019-02-15 )
自分自身にも偏見があったが、同じ病気を持つ仲間との出会いが変えてくれた」-。精神疾患を抱える人たちの葛藤や病との付き合い方などが、その雑誌には記されている。
【ゆうゆうLife】がん患者の生活全国調査へ - 産経ニュース (2019-02-15 )
国立がん研究センターは、厚生労働省の委託を受け、全国のがん患者の医療と社会生活について全国調査すると発表した。調査は、がん患者や家族が、実際の医療現場や ...
希少難病、私たちが考える 大阪の高校生がイベント - 朝日新聞 (2019-02-14 )
患者数が少なく治療の研究が進んでいない希少な難病について考える「世界希少・難治性疾患の日」(Rare(レア) Disease(ディジーズ) Day(デイ)=RDD)のイベントが16 ...
私の生き辛さの原因は発達障害による特性だったのか?(『発達障がい~神からの贈り物~』第27回) - (2019-02-10 )
2019年の年明けは私にとってはこれまでにない特別なものでした。具体的に何が特別なのか?それは特別なことが無い毎日が幸せに包まれていること、そのように述べれ ...
男性がん患者、初のフォーラム開催 外見、生活…悩み語り合う - 産経ニュース (2019-02-06 )
前立腺がんや精巣腫瘍など男性特有のがん、女性の病気と思われている乳がんの男性患者らが初めて一堂に会した「男性がん総合フォーラムMo-FESTA(モー ...
肺がん治療 最新の知見や本音 岡山で市民講座や交流会(山陽新聞デジタル) - Yahoo!ニュース (2019-02-04 )
岡山市で昨年12月と今年1月、肺がんの最新治療について学ぶ市民公開講座が相次いで.
がん患者つながろう 飯田の女性、患者会呼び掛け - 中日新聞 (2019-02-03 )
孤立しがちな地方のがん患者がつながり語り合うことで、治療や情報の地域格差をなくそうと、長野県飯田市の英語講師で、終末期の大腸がんを患う渡辺さゆりさん(48)…
吃音への理解深めて 自助グループが菊池女子高で講演 | 医療 | くまコレ - 熊本日日新聞 (2019-02-01 )
熊本県内の吃音[きつおん]者らでつくる自助グループ「熊本言友会」のメンバー4人が31日、菊池市の菊池女子高で講演し、コンプレックスと悩みながら向き合ってきた半生 ...
どうすれば安全安心:男性がん患者、フォーラムで連携 悩み打ち明け語り合う - 毎日新聞 (2019-01-31 )
前立腺がんや精巣腫瘍など男性特有のがん、女性の病気と思われている乳がんの男性患者らが初めて一堂に会した。男性も女性同様に手術や治療による見た目の変化 ...
動き出す患者たち(5)新生児検査 家族会が尽力 - 読売新聞 (2019-01-30 )
患者会の活動をまとめた冊子を手に、歩みを振り返る柏木さん(横浜市内で) 食べ物を分解して栄養素を取り出す「代謝」の働きが生まれつき悪い代謝異常症。生後すぐの ...
フォーラム:依存症、克服体験語る 薬物や酒、ギャンブル… 7人登壇、切実に 宇都宮 /栃木 - 毎日 (2019-01-28 )
薬物やアルコール、ギャンブルなどの依存症について考える「第15回とちぎアディクションフォーラム」が27日、宇都宮市若草1のとちぎ福祉プラザで開かれた。自助グループ ...
全国若者・ひきこもり協同実践交流会inあいち - ValuePress! (2019-01-28 )
一般社団法人草の根ささえあいプロジェクトのプレスリリース(2019年1月28日 12時)。2月9−10日に、名古屋工業大学で開催する、「全国若者・ひきこもり協同実践交流 ...
神戸新聞NEXT|総合|LINEスタンプ、グッズで若年がん患者を支援へ - 神戸新聞 (2019-01-27 )
がんになった経験を持つ身“だからこそ”社会に貢献したい-。兵庫県など関西のがん患者や経験者らがデザイン集団「ダカラコソクリエイト」を結成し、多彩に活動している。
乳がん手術跡を気にせず温泉に…国を動かした日本初の「バスタイムカバー」20年の道のりを聞く - ニコ (2019-01-26 )
日本初の入浴着「バスタイムカバー」について、製造する株式会社ブライトアイズ・加藤ひとみ代表取締役に取材した。 日本初の入浴着「バスタイムカバー」 平成も残すところ ...
発達障害“グレーゾーン”な人たちの声 「悩んでいるのは自分だけじゃないんだ」 - ニフティニュース (2019-01-26 )
昨年12月末、東京・神保町の「書泉グランデ」で『発達障害グレーゾーン』という新書の刊行記念イベントが行われていた。壇上に座っている3人は、著者の姫野桂氏、発達 ...
阪神大震災から24年 茅ヶ崎で広める「被害者支援」 ピア・神奈川の渡辺治重さん | 茅ヶ崎 | タウ (2019-01-25 )
阪神大震災から1月17日で24年―。関西地方に甚大な被害をもたらした災害がきっかけとなり、苦しむ人を支援するボランティアたちがいる。 「ピア・神奈川」。被害者支援 ...
動き出す患者たち(2)症状データ 患者が発信 - 読売新聞 (2019-01-25 )
患者のデータを研究者が活用できる「RUDY JAPAN」について話す山本さん(東京都内で) 「声が出ない」「息苦しさ」「せき」「胃痛」「吐き気」――。 患者自身がウェブサイト上 ...
すぐそばにある危険=ギャンブル、ネットゲーム依存症(時事通信) - Yahoo!ニュース (2019-01-24 )
今、ギャンブルやインターネットゲームの依存症が大きな問題になっている。さまざまな依存症の治療に取り組む国立病院機構久里浜医療センターが1月中旬、横浜市内で ...