自助グループニュース

トップ > 自助グループニュース

自助グループ・ピアサポート関連のニュースとTwitterの検索結果を紹介しています。ニュースは毎週日曜更新です。

ニュース記事

日本の医療は相乗効果で盛り上がる!―学会と患者会がコラボする意味とは!? <Vol.2> - がん情 (2017-10-13 )
学会と患者会が協力して、日本の医療を変えていく」。近年では、そんなことも可能になってきています。しかし、治療法の急速な進歩の影には、「個々の理解度を上げていく必要性」や「現行の制度では対応しきれない点」などの問題点も明らかになってきました。 前回より引き続き ...
ひきこもりはやさしい~新しいフェーズ(田中俊英) - 個人 - Yahoo!ニュース - Yahoo (2017-10-13 )
階層社会となりギスギスしているこの社会を、長年苦労してきた元ひきこもりの人々が、そのやさしさで、特に社会の4割を占めるアンダークラスの若者たちをなごませている。
ここちゃんの選択(2)患者会で心情を吐露 - 読売新聞 (2017-10-13 )
白血病で闘病の末、2015年4月に静岡県立こども病院で「お星さまになった」、静岡市の女の子、ここちゃん(仮名、6歳9か月)。「最期まで娘の意思を尊重して治療ができたのは、医療スタッフの方々が、娘や私を良く理解してくれたおかげ」と母のかおりさん(仮名、43歳)は感謝 ...
県が犯罪被害者支援条例素案 「二次被害」防止が柱 - 大分合同新聞 (2017-10-12 )
条例の整備は県内の被害者遺族らでつくる「ピアサポート大分絆の会」と支援団体「大分被害者支援センター」が求めた。昨年8月に請願活動を始め、県議会は全会一致で採択。県は今年3月から、遺族の代表を交えた有識者会議を3回開き、素案を作った。来年4月1日の施行を ...
体験者が支え合う場を社会 学生の力作を展示 笑顔あふれる交流の場 子育てタクシー 利用者増 漫画家の (2017-10-12 )
女性がかかるがんで最も多い「乳がん」。2017年の女性の乳がんの罹患数は8万9100例と予測されており、女性のがん罹患全体の20%にも及ぶ(国立がん研究センターがん情報サービスより)。自身も乳がんを経験したことから(一社)オンライン・ピアサポート研究会= ...
ハリケーンや銃乱射事件後のアメリカで、今必要な「心のケア」 - ハフィントンポスト (2017-10-07 )
直接被害を受けたわけではないが、親戚一同が福島にいることもあり、ピア・サポートを受けた。私のサポートをしてくれたのは経験豊富な音楽療法士で、彼女とは何度かスカイプで話をした。 そのときの彼女のアドバイスは、今でも心に残っている。とても役に立ったので、拙著でも ...
不安の改善、医師が講演 さいたまで来月3日 /埼玉 - 毎日新聞 (2017-10-06 )
神経症の治療法の一つである森田療法を学び、心の健康を目指す自助グループ「生活の発見会」北関東支部が主催。森田療法研究の第一人者の北西憲二・北西クリニック院長が講演し、不安を克服した人の体験発表などもある。 同会の岡本清秋理事長は「健康や人前に出る ...
日本の医療は相乗効果で盛り上がる!―学会と患者会がコラボする意味とは!? <Vol.1> - がん情 (2017-10-05 )
長谷川:日本肺がん患者連絡会(以下、患者連絡会)は、日本中の肺がん患者会をつないでいる連合組織です。実は、少し前まで世界的に患者会があまりなかったんです。医療の進歩で生き延びる方が増えてきたおかげで、日本では2〜3年前からポコポコとでき始めました。
心配性や潔癖性とどう違うの? 小さなことが気になってやめられない、“強迫症” - ダ・ヴィンチニュー (2017-10-05 )
巻末には就労関係の相談先や、患者や家族のための自助グループ、支援・相談機関の情報もまとめられていて参考になる。 今、自分ひとりで強迫症に悩んでいる方、現在症状に悩む人を家族にもつ方は、ぜひ本書を気軽に何度もパラパラめくってほしい。気になった箇所をひろい ...
前立腺がんとの向き合い方解説 16日、江戸川 /東京 - 毎日新聞 (2017-10-04 )
江戸川区の前立腺がんの患者会が16日、がんの正しい知識や治療の副作用などを取り上げる講演会を小岩アーバンプラザ(江戸川区北小岩1の17の1)で開く。中川恵一・東京大准教授が「最強最高のがん知識」と題して解説し、患者たちの声も交えて前立腺がんとの向き合い ...
精神疾患と向き合う 配偶者ら支える会発足 函館 悩み共に考える場に 28日に最初の「つどい」 - 北 (2017-10-03 )
斎藤さんは、自身の経験から同じ課題を抱える人同士が集まって意見を交換し、互いに支え合う「自助グループ」の力の大きさに以前から注目しており、「(配偶者・パートナーは)悩みや困り事などで力を失ってしまっていたり、混乱したり、本来の力を出せないでいることがいっぱい ...
RareAs.(レアズ)プロジェクト始動 「希少疾患領域」の医療情報提供にソリューションを・・・ - (2017-10-03 )
故に、工夫が必要ですが、それでもチャレンジしていく領域として、現在、様々な患者会を訪れたり、専門家に面会したり、製薬企業に意見を聞きに行ったり、様々な検討を重ねています。 昨日は、特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンターさくら会を訪れ、副理事長の川口 ...
グリーンリボン推進協会理事長 大久保通方さん(2) - 日本経済新聞 (2017-10-02 )
すでに腎移植は保険適用だったが、移植対象となる透析患者への情報提供のあり方や医療体制は施設や地域間で格差が大きかった。そこで府内の病院で移植を受けた患者会が集まり、「大阪腎移植の会」を88年に結成。さらに東京、仙台、愛知、兵庫の患者会とも連…
線維筋痛症、どんな病気?=回答・永山悦子 - 毎日新聞 (2017-10-02 )
また、寝たきりなど重症患者の療養費の負担はかなり重いのですが、患者数が多いため難病法の助成対象にも障害福祉サービスの支給対象にもなっていません。つらい思いを抱える患者のため、患者会の「線維筋痛症友の会」(http://www.jfsa.or.jp/)は早期発見・早期治療の ...
学会指針で禁止されている「着床前スクリーニング」実施求めて患者会発足 - 読売新聞 (2017-09-29 )
着床前スクリーニング(PGS)」を全国の不妊治療施設で実施できるようにしてほしいと、不妊に悩む患者らが28日、患者会を発足させた。 PGSは体外受精による受精卵の染色体異常を検査し、正常なものだけを子宮に戻す技術。流産を減らす可能性があるが、命の選別に ...
がん患者らが気軽に話せる場を 支援イベント、30日から - 朝日新聞 (2017-09-27 )
関連イベントとして、精巣腫瘍(しゅよう)患者で「がんと向き合って」の著者、上野創さん(朝日新聞記者)の基調講演(30日午後2時)▽徳島大学病院の医師らと話す医療セッション「みんなで考える医療」(1日午前10時)▽がん患者や家族と一緒に思いを語り合うがんピアサポート ...
「外に出て誰かと話そう」 依存症、自助グループ交流会で講演 西九州大で /佐賀 - 毎日新聞 (2017-09-27 )
薬物やアルコール、ギャンブル依存症の自助グループが交流する「第11回佐賀アディクションフォーラム」が24日、神埼市神崎町の西九州大学であった。児童心理治療施設・筑後いずみ園の施設長で臨床心理士の菊池清美さん(57)が依存症との向き合い方について講演し、「 ...
「睡眠リズムと不登校」連続講演会のお知らせ (子どもが朝起きられない…その原因は睡眠リズムにある!) (2017-09-27 )
睡眠リズム障害患者会R&Sは通信制高校サポート校のKTC中央高等学院と連携し、所属する医師による講演会「睡眠リズムと不登校」を下記要領にて実施いたします。学生の遅刻・欠席や不登校の原因の多くの部分に、睡眠リズムの問題が隠れています。子どもの心身の健康 ...
いつでも悩み相談を 経験者がサイト開設 診断直後や治療中も「交流」 - 毎日新聞 (2017-09-27 )
横浜市の上田暢子さん(45)と東京都の彩田ゆう子さん(39)が開設したのは、インターネット患者会「ピアリング」(http://peer-ring.com/)。乳房、子宮、卵巣など女性特有のがんの患者が、経験者に副作用への対処法などについて質問できるほか、日常生活を過ごしやすくする ...
夜通し歩いてがん患者支援 30日から徳島市でイベント 2017/9/27 14:10 - 徳島新聞 (2017-09-27 )
がんピアサポート相談会」と名付け、30日午後4時から3時間、コルネの泉近くの総合ブースに開設。県の養成講座を受け、日常的に患者の相談に応じているがん体験者やその家族ら「がんピアサポーター」が常駐し、体験者だからこそ共感、共有できる思いを患者らと語り合う。

Twitter検索